fc2ブログ

令和3年2月予定表

2月の予定表をご紹介しますのでご査収下さい。(*^_^*)

2月は、6日(土)20日(土)
豊川コミニュティーセンター あやめ・りんどうの部屋になります。
13:00~16:30を予定しております。宜しくお願いします。

スクリーンショット 2021-01-27 093241スクリーンショット 2021-01-27 093301スクリーンショット 2021-01-27 093319スクリーンショット 2021-01-27 093335
スポンサーサイト



1月月例会結果

1月23日に行われた月例会の結果を報告します。

DSC_2526 (002)

優勝・・・そうた(30級) 4勝1負

準優勝・・・さっく(3級)4勝1負(内、休憩1回)

3位・・・かほ(23級)3勝2負(内、休憩1回)

※プライバシー保護のため、ニックネームで記載しております。

そうたくんが初参加初優勝と言う快挙を成し遂げました!笑
先週まではどうぶつ将棋しか出来なかったのに凄いですね!
よく頑張りました!(*^_^*)


苫小牧支部様の月例会に参加しました!

24日は、苫小牧支部様の月例会に参加させて頂きました!(*^_^*)
顔を出すのは約1年ぶりくらいで気合いいれて臨みました!

最初の手合いは、6級の小学生でした。
僕は、支部では二段ですので3枚落ちの手合いとなります。
これは負け。
敗因は後程・・・。
次で、5級の小学生でした。これは2枚落ち。
これも負け。泣
次いで、5級の男性の方でした。これも負け。
次いで、1級の男性の方。これは勝ち。
20210124180341ea2.jpg
画像は、支部様のHPより引用させて頂きました。

結果→1勝3負

惨敗っす!笑

敗因ははっきりしているのですが、
駒を落としているにも関わらず楽しすぎて強引に攻めすぎた
ことが原因ですね!笑

ですので、攻めが切らしてしまってどうもこうも出来ない状態でした。笑

飛車と角が無い状態だとはっきりした攻め駒がありませんので本来ならば相手のミスを一つづつ
突いていかなければなりません
逆に無駄に駒を渡してこなかったりミスさえしなければ絶対に勝つことはできません。

僕はせっかちになってしまって、対した駒も無いのに攻めまくってしまった。笑
( イメージ画像参照)
スクリーンショット 2021-01-27 092038

なので次回はもっとゆっくりとジワジワ指して相手のミスを誘う将棋をしたいと思います。

20210124171952c9b.jpg
画像は支部様のHPから引用


銀と桂馬を有効に活用しよう!

皆様おはようございます!(*^_^*)
今日は、銀と桂馬を有効に活用しようということで話していきたいと思います。

将棋は、攻める際、飛車と角と歩だけでは先ず相手の王様に届くことはありません。

なのでサポートしてくれる駒が必要になってきます。

それが、「銀・桂馬」です。

この銀・桂馬で上手にサポートしてあげることによって初めて相手の王様へ迫ることができるのです。
では、悪い例の図から見てみましょうか。
スクリーンショット 2021-01-23 075913
こちらは、先手側の飛車がこの画像のライン上で攻めていこうと考えているとします。
しかしこのライン上には相手の金銀歩により守られ突破することができません。
一般的に将棋は、相手の守り駒+1枚の攻め駒が無い限り攻めを成立させることはできません。
従ってこの場合攻め駒は4枚必要になるのですが、到底及びません。
飛車をサポートしてくれる駒がいないことが攻めを切らしている原因となっています。

では、これからどのように組めば攻めやすくなるのでしょうか?
したの画像を見てみましょう。
スクリーンショット 2021-01-23 081455
このように飛車を5筋へ向けて振っていけば相手の中央の守りは金と歩の2枚なので
青○で囲っている攻め駒達を含めるとこちらは3枚になるので突破できそうです。
ここからは、角なども打って攻めていけばより強烈になると思います。

また、どうしても飛車を動かしたくないのであればちょっと進めてみてこんな陣形は
いかがでしょうか?
スクリーンショット 2021-01-23 081819
ここまでやれば銀と桂が上手くサポートに回っているため1筋・2筋付近を突破できるかも
しれません。


今回は、まだこの局面ではこれでもはっきりと優勢になれるということではないのですが
あくまでもイメージとして銀と桂馬を活用する方法を身に着けて貰えれば良いなと思います。

では、次回からは持ち駒を打って使う練習をしてみましょう!

ご視聴有難うございました。(*^_^*)

コロナと向き合うこの1年を振り返って

皆さんお早うございます。
今日は、コロナウィルスに対する現代のみんなの考え方について自分なりの意見を述べたいと思います。

この意見はあくまでも僕個人の意見ですのでこんな人もいるんだ。
と言う感覚で閲覧下さい。(^^♪

どうしても物言いたい方は、ご連絡くれると嬉しいです!

新型コロナウイルスが発生し早1年が経ちましたが(まだ経ってない?)
この1年で大きくコロナウィルスに対する考え方がみんな大きく変化していきました。
         変化を恐れるな」ホーキング博士最後の警句 | 読書 | 東洋経済 ...
※画像はインターネットから転用

初めは全国で1人や2人・・・数十人程度では大丈夫だろうとタカをくくっていたわけですが
昨年初めての緊急事態宣言以降、徹底した感染防止対策、不要不急の外出禁止、今に至っては多人数を伴う飲食の自粛などさまざまな対策が取られています。
             感染症対策のピクトグラムを作りました(ダウンロードはこちら ...
※画像はインターネットから転用

で、現代のコロナに関する皆さんの一部には

①コロナが発生した場合、発生させた施設及び主催者並びに責任者側に責任がある
②自粛活動に背いている関係者に対して非国民的な考えを持っている
③マスクを着用せず外出している人に対しては嫌悪感しか抱けない

と思われている方がいると思います。

この3つの項目に関して言わせて頂くと

①に関しては完全に間違っていると思います。
    ベクトル記号アイコンのクロス レッド ×のイラスト素材・ベクタ ...
感染してしまった場合、それを第3者のせいにするのは完全に責任転換でいかなる場合や理由においても責任は感染してしまった側にあると思っています。
感染したくないのであれば行かなければ良い話だし、インフルエンザは良くてコロナは駄目なのか?
と思いませんか?(*´Д`)
施設側からしてみれば、皆さんの軽率な行動により発生者が出てしまい消毒作業に莫大な費用を投じてしまうわけですから結構良い迷惑だと思います。
じゃあ、施設側だって営業しなければ良いじゃないか?
と言いたくもなると思いますが、確かにその通りですがお店や会社、施設の方達だって生活がある訳ですから一概には言えないと思います。
兎にも角にも、コロナに感染しそれを他のせいにするのは完全に自分に甘すぎると思います。

②自粛活動に背いている関係者に対して非国民的な考えを持っている
については完全に「こいつ頭おかしいのかな?」と思います。
これはコロナ発生当初から感じていたことなのですが、そもそも「自粛」っていう意味を
解っていないと思います。
自分はこれだけ我慢しているのに、我慢していない人間が許せない
と感じているのだと思いますが、これって完全な妬み僻みだと思っています。
みなさんはどうして自粛しているんですか
コロナに感染しないためでしょう?
他人の行動なんてそもそも皆さんには関係の無い話で干渉すること自体が間違っています。
更にそれが非国民だと思うくらい許せないなんて何て器が小さいのかなと思ってしまいます。
ただ、政治家は別です。
トップが、国民の生活に影響を与えてまで自粛しろと呼び掛けているのにそれを行わないという行為は国民を舐めているとしか思えませんしこれなら自粛しない国民がいても文句は言えませんよね?
という感じです。

③マスクを着用せず外出している人に対しては嫌悪感しか抱けない
これについては大半の人がそう感じていると思います。
現代の日本では軽犯罪よりも下手したら重い行為だと意識されていると思います。
ただ、義務では無い以上それを強要させるのは逆に強要罪に近いのではないかな?
と思うのですが・・・。
でも、マスクをつけるのはこのご時世においてはマナーですのでしっかりと守って欲しい所では
あります。
ただ、アレルギー等色んな理由からマスクをつけることが出来ない方やたまたま忘れてきて
しまった方もいると思うのでそのような人に対してはどうか許す気持ちも持ってあげてはどうかな?と思います。

とにかく過敏になりすぎてはいないか?

コロナに関しては過敏になりすぎるのが丁度良いと感じる方もいると思いますが、
そうムキにならずに過ごした方が良いと思います。
人それぞれ考え方が違いますから行動も違ってきます。
なのでそれを統一させるなんて不可能な話です。だからコロナは無くならないのだと思います。
どうせ無くならないのなら少しでも減らせるよう努力をし少しでも感染しないよう努力を行いながら上手に向き合って生活できれば、経済的な犠牲者が少なくて済むはずなのになと思いました。

ゼロにしたいならそれまで外出禁止にすれば良い

僕は正直、国が一体何がしたいのか良くわかりません。
これまで様々な対策で莫大な費用を投じてきたにも関わらず毎日流れるニュースでは
過去一番の一言。
僕から言わせれば完全な無駄使いと行動です。
その無駄のせいで一体、どれだけの国民の生活が脅かされ自殺者まで出しているのかと。
そんなに減らしたいのなら一層のこと外出禁止にすれば良いと思います。
「控えて下さい。」とか中途半端なことをやっているからこんなことになるんだと思います。
そうすれば2週間もすれば極端に減ると思います。
控えて下さい
なんて言ってだれがそれを守るんですか?
テレワーク
無理に決まっているでしょう。
あなたたち政治家だってやってないことを国民に押し付けるなって話ですよ。
学校だって普通に登下校してますし、スーパーにだって普通に行き来してますよ。
イオンだって混んでるし、三井アウトレットパークだって賑わっている。
こんな状態でどうやって減らせるんですか?っていう話です。

僕は早い話、ウィルスなど無味無臭の目に見えない感染病など初めからワクチン無しでは防げないと思っているんです。
だから、感染しても仕方がないとしか言いようが無いしそれで死んでも仕方が無いと思っています。

だから国に関しては、中途半端な対策は止めてもっと決定的で具体的な行動を取るべきなのではないか?と思いました。


何か最後の方は国への不満を述べてしまいましたが僕の考えはこんな感じです。
最後までお付き合い頂き本当に有難うございました。(*^_^*)











▲9八香(△1二香)の意味を覚えよう!

皆さんお早うございます。(*^_^*)
今日は、1九香(後手番なら9一香)にした時の意味をご説明します。
「 この時点で意味が解んないんだけど・・・。」
と思う方もおられると思いますので先ずは図をご覧下さい。
スクリーンショット 2021-01-15 074212

こちらは、四間飛車VS居飛車(棒銀)の定跡形ですが今後手が6二の地点から銀を
繰り出し△7三銀とした所です。ここから後手の棒銀が炸裂します。
先手はここでいろいろな手がありますがここで▲9八香としてみましょう。(2参照)

この9八香とした手の意味を今回は考えたいと思います。

一間、何でもないようなこの手ですがこれにはとても重要な意味があり
①相手の角から直接取らせない。
②仮に取られたとしても角(馬)の効率を下げることができる。
という意味があります。
これが速度が求められる終盤においてはかなり嫌味なんです。

下の画像をご覧下さい。
スクリーンショット 2021-01-18 073357

少し進んで、後手からの△6五歩に対し先手が▲同歩とした所。
ここで後手は△9九角成としますが、香車が浮いているために取れません。
俗に言う空成です。
ここで先手が▲6六角とすれば相手の香取りを狙うことができ未だ互角に戦えます。
これが先手の香車が浮いていなければ先に後手に香車を渡すことになり先手不利となります。
スクリーンショット 2021-01-18 090222

右四間飛車でもこういった手筋は通用します。
下の画像をご覧下さい。
スクリーンショット 2021-01-18 092406
四間飛車VS右四間飛車の局面です。
今、後手が△9三桂とし次に8五桂とし角取りを睨んでいます。
ここでは、▲8六歩なども考えられますが今回は、▲9八香車としてみましょう。

この手も前回の意味と同様、直接香車を取らせないと言う意味と効率を下げさせる意味があります。
少し進んで下記の画像です。
スクリーンショット 2021-01-18 092514
ここでも後手の空成となりましたが桂馬が取られそうです。
しかし、ここで構わず▲6四歩と伸ばします。
次に後手が桂馬を取ってしまう(8九馬)と、▲6四銀とし先手優勢となります。(下記画像参照)
スクリーンショット 2021-01-18 093854
桂馬を取ったことで馬の効率が下がり結果、損をしてしまいました。
なので後手は桂馬を取らず△5五銀くらいで良かったと思います。
※参考程度
以下
▲同銀△同馬▲6四歩△7七銀打▲同桂△同桂成▲6九飛△7八桂で後手優勢

この香車の手筋はどんな戦形にも活用できますので覚えておいて損はない一手です。
是非知らなかった方は覚えるようにしましょう。(*^_^*)

相手に切ないと思わせるような受け

皆さんお早うございます。(*^_^*)
今日は受けについての話をしたいと思います。

このページを閲覧されている方の多くは上級者の方が多いと思いますが
このくらいの棋力の方達は経験上、受ける際に軽く受ける程度しか受けていないように
感じます。
また、受けた際の駒の働きが50%にも満たない活躍しかしていないように感じます。
ただこちらの問題に関しては高段者でも100%の効率で働かせることはほぼ無理ですので
あまり気にしなくても良いです。

では、一体何が良くないのかパターンごとに説明していきましょう。
下の図をご覧下さい。
スクリーンショット 2021-01-15 074212
今後手が5五角と打ち込んできたとします。
これは次に簡単な詰め路であることは言うまでもありませんが、どのようにして
受けるのが正解でしょうか?

答えは、4六銀が正解でこれで先手は{ 受ける・先手を取る・補強する }
という三拍子を同時に行うことに成功しました。(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 074212
これで後手は角を取られるわけにはいきませんので逃げる一手ですが、△7七角成
とすると桂馬は取れますが馬の活躍ができません。
△7三角と引くのは玉のラインこそ入っていますが△5五角と打った意味がありません。
どちらにせよ次の▲4二金打で後手敗制です。

後手は△5五角の前に△3一銀としておけば良かったのかもしれません。(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 074212

他も様々な受け方があると思います。
例えば、▲4六香と受ける筋もあります。
これはしかし次に△5二銀と打たれます。(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 074212
間違った受け方ではありませんが、これではまだ互角です。

次のパターンです。
下図をご覧下さい。
スクリーンショット 2021-01-15 083630
今後手が△3八竜と王手をかけてきた局面です。
5七の地点も馬に狙われる可能性も有り危険な状態です。

先ず、単に▲7八金と駒を打たずに寄る手はどうでしょうか?
これは次に△3九銀と打たれ後手にまだ攻めが続く模様です。(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 131925

最初の画像から▲6八銀としても△4五桂と打たれ先手苦しい戦いになります。
(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 131925

では、どう受ければ良いでしょうか?
再度初めの局面から戻しましょう。
スクリーンショット 2021-01-15 131925
これは、▲4八歩と打つのが手筋の一着です。
スクリーンショット 2021-01-15 131925
この一手には、王手を防ぐ意味と飛車が9筋に回り金取りとした時の王手のラインから
外す意味と更にまだ意味があります。

では、相手が△同竜とした場合はどうでしょうか?
これは、▲5八金が正解
これにより先手を取ることに成功しました。(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 131925
次に後手は△3九竜の一手ですが、▲6八金寄るとすれば十分堅くなりました。
(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 134724
次に後手は△8四桂くらいだとは思いますが、▲7八香打とし一局という感じだと思います。
(下図参照)
スクリーンショット 2021-01-15 134724

これらのように、
持ち駒が豊富な時はその明確な意味を持ってケチらずに持ち駒で受けた方が良いです。

この局面はまだまだ互角なのでどちらが勝つかは解りませんが、相手の囲いが薄いので次はこちらから強引な攻めが出来そうです。

このような感覚を持って対局するとより勝率が上がると思います。(*^_^*)



序盤戦の戦い方のコツを習得しよう!

皆さん、おはようございます。
今日は、序盤戦のコツについて紹介したいと思います。

序盤戦と言うのは開戦の準備を進める段階のことを言います。
開戦の準備で大切なことは、

①玉を囲っているか
②大駒はいつでも捌ける準備ができているか?
③小駒の攻め駒は( 銀・桂 )は大ゴマのサポートとして活用できているか?

この3つです。

で、この3つを意識して進める努力をするのが序盤戦です。
これができるようで中々できないものなのです。

で、序盤戦で最も重要なことは
隙の無い陣形を作ること。で中盤戦がより戦い易くなります。

では、①~③まで図を見ながら説明していきましょう。

①玉を囲っているか
先ず悪い例から見てみましょう。
スクリーンショット 2021-01-12 080443
こちらの局面は先手が中飛車で攻めていこうとしています。
しかし、玉を囲っていません。これでは攻めを切らしてしまった時に相手からの強襲に
耐えることができません。

続いては良い例です。
スクリーンショット 2021-01-12 080654
今度は玉をしっかりと囲っています。
攻めに関してはこれからですが、未だ序盤なのでこれで十分です。
後手の攻めに対して十分に備えているため万が一の強襲にも
耐えることができます。

②大駒はいつでも捌ける準備ができているか?
先ずは悪い例です。
スクリーンショット 2021-01-12 122914

先手は、小駒の活躍を重視させ駒組を進めています。
しかしこれでは、大駒を活躍させるのに未だ時間がかかり良い形とは言えません。
一方、後手は囲いも完成しいつでも中盤戦へいける用意が出来ています。



こちらは良い例です。
スクリーンショット 2021-01-12 123301
同じ手数でも、ここまで違います。
この局面では先手もいつでも中盤戦へ持ち込むことができます。
上の図のように大駒の通り道である歩を突いておくことが序盤ではとても重要なことが
分かります。

③小駒の攻め駒は( 銀・桂 )は大ゴマのサポートとして活用できているか?
先ずは悪い例です。
スクリーンショット 2021-01-13 071454

こちらはどういうセンスでこうなったかは解りませんが・・・。
この駒組では今の所飛車を捌くための小駒が連携できていません。
飛車を捌くには少し時間がかかりそうです。

続いて良い例です。
スクリーンショット 2021-01-13 072021

まぁ、良い例かはさておき、この駒組みであればしっかりと小駒が飛車をサポートしている
のが分かると思います。
これであれば次に▲1六歩としてから1五銀と繰り出し棒銀で攻めることができそうですね!

最後に隙の無い陣形についてご説明します。
隙の無い陣形は最も重要なことと説明しましたが、どんなに連携が取れていなくても隙さえ生じなければ何とか戦うことができるからです。

先ずは悪い例です。
スクリーンショット 2021-01-13 074135

こちらは次に後手番なのですが、角頭の歩の地点に隙が生じています。
次に△6四銀とされれば▲6五歩としたとしても先手がやりずらい体制だと
思います。
やはり銀には銀を繰りださなければなりませんでした。

良い例としては
スクリーンショット 2021-01-13 074227
このように銀を繰り出して角頭の歩を守っておけば十分に受けきることが
可能ですね。

一般的に、角頭の歩や桂頭の歩は隙が生じやすく注意をして駒組みを進めて
いくことが大切です。

では、隙が生じている駒組みの図を載せますのでどこが隙でどうされるのか答えてみて
下さい。
※答えは(  )をドラック スマホの方は長押しして下さい。

問1
スクリーンショット 2021-01-13 075911
答え(  7七の地点 → △7七桂成とされる )

問2
スクリーンショット 2021-01-13 080105
答え;(   5五の地点 → 角交換された後、5五角と打たれる  )

問3
スクリーンショット 2021-01-13 080733
答え(    6五の地点 → △6五歩と突かれる )


皆さんどうでしたか?(*‘ω‘ *)
簡単だったと思う人は7級くらいの実力はあるでしょう。


ご視聴有難うございました。(*^_^*)




プロフィール

日本将棋連盟公認 指導員 河内伸晃

Author:日本将棋連盟公認 指導員 河内伸晃
苫小牧市で将棋教室をしています。
将棋の他、子供の将来のためになるようなことも
色々教えています!
僕の教室の子が将来、「通っていて良かった。」
と言ってくれる日を待ち望んで頑張ってます☆

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR